アンケート    現在の閲覧者数: あまねのほんね あまねのほんね
FC2ブログ
あまねのほんね
ユニセックスボイス炸裂!ミニマムボディ眼鏡男子ボーカルこと「藤井 周」の日常を綴ってます☆
初ワンマン「あンマンライブ」 感謝と 感想と これまでと これからと いろいろと。 
あンマン集合写真!!


あっという間に年の瀬....!!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

短期間で風邪っ引き、そろそろスタンプカードとか用意してほしいところ

な、あまねです。


御報告が遅くなり大変申し訳ございません。

先日12/16(日)に錦糸町rebirthさんにて行われた藤井周 の毎年恒例自主企画「あまコレvol.9」

と同時に初のワンマンライブ

無事に終了することが出来ました!

師走のお忙しい中、足を運んで下さった皆々様 来られずとも沢山想いを届けて下さった皆々様

ゲストとして、そしてコラボレーションもさせていただいた やま~ずさん、矢柴一拓さん

フライヤー撮影やデザイン、当日の撮影も担当していただいた 服部敦さん

あまねトリオで共に熱く奏でてくれた ドラムの翼くん、ベースのけいちゃん

いつも御世話になりっぱなしのrebirthスタッフの皆様

本当に本当にありがとうございました!!!



いつだって感謝の言葉は言い尽くせない程にあって、ちゃんと届いているか不安な時もありますが

あの空気や温度はきっととても独特で その場に居合わせた方にはきっと届いていると信じることにします。



人生ではじめての「ワンマンライブ」というものを経験させていただき、終えた後には頭が爆発しちゃうんじゃなかろうか

というぐらいに色々と考えこんだりもしました。

考えこんだものを言葉や音に乗せるのが僕のすべきことだと思うので、今日はそのぐるぐるした「何か」を次に繋げるべく

敢えて踏み込んだ書き方をします。


今年一年は普段の「藤井周」とかけ離れたパフォーマンスをライブの内容に織り交ぜたり、自分以外の誰かとの交わりが多かったなぁ

って手帳をパラパラ捲っては思い返してみたりしました。


新宿二丁目という場所で唄うということや

ユニット「青りんご」 新たなバンド「たいりょうさつじん」

オケを流してスタンディングの歌唱で客席を煽ってみたり

「あまねBAND」 は 「あまねトリオ」に落ち着いたり 


今回の自主企画「あまコレ」に関しても

「何故、このタイミングでのワンマンなのか」「集客面は大丈夫なのか」

など、自分でも痛いぐらいわかっている疑問や御心配がありましたし、ご意見もいただきました。


<ワンマンをやりたいという気持ち>は僕も大きな舞台を目指す人間の一人として、ライブ活動を始めた頃から

抱いていたモノです。

タイミング云々ですが、自分自身「もう今年やるしかないし、やりたいし」という漠然とした決定事項になっていて

決めたは良いものの、いつ誰に打ち明けるべきなのか 望む方はいるのか

とか。。

集客ですが、ピッタシ「50人」の方にお越しいただいた夜でした。

密かに掲げていた目標は「80人」でした。

これは完全なる僕自身のプロモーション不足や日々の中での行いの結果だと思います。

だけど、この「50人」の方の中には はじめましての方の割合がとても多かった気がして お久しぶりの方との再会もあったり

2012年も唄ってきた七年間も無駄では無かったのかなって素直に嬉しかったんです。

皆様それぞれが いろんな感想をお持ちだと添付した集合写真の表情から何となく感じますが、

貴重なお時間をあずけて下さったことに心より感謝です。



さて、ライブ本編のお話です。

「あンマンライブ」は<ピアノ弾き語り> <ダンス(ゲスト&コラボ)> <トリオ編成での演奏>

の三部構成でお送り致しました。


<ピアノ弾き語り>

普段の僕のライブ活動の98%(もっとかな)のスタイル。

割と初期の曲を多めに選曲しました。

テンポがゆっくりなのにズドンと胃に来る感じで、もしかしたらここでお腹いっぱいになっちゃった方も居たかもしれませんね。

もうちょい、こう...スマート(?)な楽曲創りを心掛けようと。

しかし普段1コーラスしかやらないような曲達をフルでお届けするって練習をしている中でも何故か新鮮で

解釈が当時と少し変化した曲もありました。 面白い。

あと緊張と興奮で大事なとこでミスタッチをする癖から卒業します。

ショコラが好きな方本当に申し訳ありませんでした。


<ダンス(ゲスト&コラボ)>

昨年のあまコレにも御出演いただいた やま~ずさん

普段は「虹組ファイツ」というゲイのアイドルサークルに所属し活動されている 矢柴一拓さん

素直に僕はこの方たちのファンで、身体を全部動かして 表情豊かで すごくすっごくキラキラしてるこの方たちが

大好きで堪らなくて

僕の少し重ためな楽曲達の世界観の合間に「キラキラ」を混ぜることでバランスが取れるんじゃないかって思ったんです。


やる前もやった後も色々と御心配おかけした「あまいろグロッキーZ」というコラボレーション。

「藤井周が踊る」ということで今回のワンマンに足が遠退いた方も居たようですが、

いや、うん、冷静に僕が弾き語りのどなたかを応援していて突然「ワンマンやります!踊ります!」って言われたらびっくりするよね。。


自分の舞台で自分らしく普段とは違う表現へのチャレンジ

それを大好きな方たちに混ざって出来ること

幸せでしたよ、僕は。

賛否の否の方が例え多くても 好きなモノは好きなんです。嫌いになれないんです。

だから、またいつか...。


<トリオ編成での演奏>

ドラム翼くんとは19歳の頃? ベースけいちゃんとも20歳の頃からの仲。

年にほぼ一回の活動にも関わらず見捨てずに声をかけたらバックで演奏して下さる二人です。

三人でやることは二年ぶりぐらいで、毎回深夜~早朝にかけての練習なのですが

時折くだらない話もしたりしながら でも曲に入るとぶはぁって煙みたいなのが出て

僕はそれが好きで 厚みを増していく過程とステージで放出する瞬間。

今年の後半に出来上がった「夜に紛れろ」「みちるちゃん」という楽曲はトリオでやりたいとうずうずしていた二曲で

実現、満足のいく仕上がりになったことが嬉しいです。


当日 発表もしましたが来年も この三人での活動(表に沢山出るかわからないけれど)は続くのでめちゃくちゃ楽しみにしてます!



えーっと、長々と振り返ってみましたが 振り返りながらも 足をバタバタしながらこの記事を書いてたりします。

でも「あーすれば、こーすれば」は今考えても仕方が無いので

このワンマンというスタートから藤井周がどう走ったり、歩いたり、転んだりするか

それを真剣に慎重に具体的に練って行動に移すか です。


8年目に突入し、「だいぶ客層が変わったね」なんて初期から応援して下さっている方には言われました。

残って下さっている方や新たな出逢いへの感謝

また、「もういいかな」って思った方にも いつかどこかで遭遇した時に一気に引き寄せるような唄力

2013年 藤井周がどうなるのか、期待して待っていただければ嬉しいです。


根っこは変わらないけど 葉っぱの色とか花の咲く時期や実の生り方や形は変わります。

枯れてしまわぬように 生きて生きて水を注いで参ります。


最後まで読んで下さりありがとうございました。

そして2012年、御世話になりました。

2013年もよろしくお願い致します!!!


藤井 周

<2012/12/16 SET LIST>

[弾き語り]
1.ショコラ
2.アイアン・ロー
3.レシート
4.セピア
5.カフェオレ(作詞:藤井周/作曲:小花優博)
6.ミルクティー(作詞:藤井周/作曲:みるく)
7.こうのとり

[トリオ]
1.ミスカラー
2.平成乙女
3.夜に紛れろ
4.マジョリティマイノリティ
5.フローリング
6.みちるちゃん
7.ライフソング

EN1.ひとりぼっちじゃなかった。
EN2.ニット
スポンサーサイト



うたったり、しゃべったり、へばったり
それっぽい?


十一月もとうに過ぎ去り、クリスマスムードなんだかお正月ムードなんだか良くわかりません。

そんなことよりモッコモコのヤツが堂々と着れることが嬉しいな。

あまねです。


はじめてのワンマンも段々と逃れられないぐらいの距離になってきて、その割にどっかんと告知をしているわけでもなく(反省)

ガラガラだったらどうしよう...とか弱音を吐きそうな時もありますが、、

あまねトリオのスタジオ練習(みんなの都合を合わせるべく毎回深夜~早朝なのです。)に入ると この素敵な演奏だったり唄だったりを

早く皆様に目と耳と心でジンジンさせたい!!!って思えます。

あ、勿論 弾き語りも。

そしてゲストの やま~ずさん、矢柴一拓さんのダンスから放たれるキラキラっぷりも。


今回、弾き語りでは 活動初期から聴いて下さっている方は懐かしがって下さるような、最近聴いて下さるようになった方は「こういうあまねもあるんだ」って思って下さるような、そんなセットリストです。

そいでもってトリオ編成では 比較的、最近創った曲とか新しめな曲をやろうかなと。

何にせよ、乞うご期待なのです。


あとね、先日わたくしレコーディングなるものをやりましたのよ!

もうおっぴろげて良いと思うけれど「こうのとり」というCDは終演後のライブハウスに夜中から早朝まで(このパターン多いな...)全曲一発録りにて録音したのです。

一音でも間違えられない緊張感。。 な、懐かしい...のだと思います、きっと。

あ、それでね 何の曲を録って 何の目的として とかはまだ言えないのですが

ワンマンに来ていただければ その全貌が明らかに!! そしてオマケも!?(勿体ぶるの好きです。)


それから、翌日はいつもお世話になっております、たけださとしさんのインターネットラジオ

「たけださとしの歌のフリーマーケット」に出演させていただくべく、収録をして参りました!!

スタジオライブとして四曲唄いましたよ♪♪

贈った後、ライブでは唄ったことの無い曲や、昨年のあまコレでもカバーさせていただいた大好きなあの方の大好きな曲や、隠れファンの多い(笑)あの曲などなど

珍しく真面目ーにトークする藤井周にも注目です!!

配信は12/2だった気がします。

同日12/2(日)

新宿二丁目にある【ALAMAS CAFE】にてMen⇔Dyさんがパーソナリティをつとめる番組にも出演させていただきます!!

動く、かつ喋るあまね、観てみてくださいっ


2012年 12月2日(日曜日)
「ジェンダラスナイト」
(Ustreamにて生放送、録画放送も行われる予定です。)
MC: Men⇔Dy , ooming
GUEST:藤井周
@ALAMAS CAFE
〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目12-1 ガーネット 1F
18:00 – 20:00
http://www.alamascafe.net/
http://www.ustream.tv/channel/alamascafe


そんな感じでちょこっと長くなっちゃいましたが、実は少し本格的に風邪を引いてしまっていまして。。

もう治りかけなので後はきちんとお薬と睡眠をしっかりと といったところなのですが

アレですね、普段カラダが丈夫だと思っていると、崩れた時のショックが大きい(苦笑

何事も過信は良くない!

またひとつ学びました。

皆様もお気をつけ下さい。
どこかで だれかが だれかのことを
お久しぶりです。

約三か月半ぶりの更新でございます。。

Twitterのタイムラインに8時間表示されないだけで「あまね生きてるか?」

なんて心配していただいたりしたこともありましたが、そんなTwitterも2日3日更新せずなんてことも

あったり、どんどこ筆(?)不精がパワーアップしてます。


あまねです。



暑いというか生温いというか、そんな日々が続く今日この頃ですが皆様、お元気ですか?

ぼくはなんとかかんとかお仕事を無事に継続中で一般的にはそうでも無いのかもしれないあんなことこんなことを

ヒーヒー言いながらやり過ごしております。


最近のことを書こうかなって思ったのですけれども、有難いことに毎日が濃厚で(お得意の妄想で勝手に着色して

いるだけという可能性も。。)

どこをどう切り取ったら良いのかわからない状態。

というか何故唐突に こうしてblogを更新したのかな、なんて(こうやって整理がつかなくならないようにこまめ

に更新すべきなのですな)


暑いな、眠れないな、いろいろ考えちゃうな って行き着いた場所なのかな。


唄うのは変わらず楽しいです。

大好きな人がたくさん居ます。

家族の仲は良好です。


たくさんたくさん、「良い」「素敵」「好き」で溢れています。

きっと二年前の今頃とかと比べたら天と地の差ぐらい。


安堵は大切で、座る椅子がふかふか気持ち良かったら それも幸せで


でもね、最近 そこで シャボンのようなホントに緩く脆いバリアの中に身を包まれてしまっているような

そんな気が ふいに、しました。


2011/12/10のあまコレvol.8でライブを終え、2012/1/9のnextsundayさんでのライブから また新たな気持ち

で始まり、八月になろうとしている現在 13回のステージにて唄う機会をいただきました。


どれもこれも「死ぬ気」で唄い、「生きている」喜びを感じることが出来ました。


そしてどのステージでも感じたのは「ひとりでも、あとひとりでも多くの人に聴いてほしい」

ということ。


もっと努力をして、カッコ悪いことを怖がらないで、様々な面において自身にリミットをかけなくちゃ。

そんなことを ふと、思ったんです。



うん、相変わらず纏まりが無い(笑

だからどうした という文章でしたが、2012年の残りもシャンとして生きて唄っていきたいと思います。


あ、もうちょっと頻繁に更新するようにします。。


そいじゃ、おやすみなさい。

命懸けで始まるために、命懸けで終わるんだよ。-風太郎企画最終回によせて。-
人生は、最高で、最低で、音楽で。

2012年の1月は足早に過ぎ、当たり前のように2月の風が吹いてる今日この頃。

皆様、御身体の調子は大丈夫ですか?

あまねです。

遅ればせながら、先日の藤本大祐さん、シギちゃんとのスリーマンライブ大盛況にて終えることが出来、沢山の刺激をされ日々を過ごしています。

ありがとうございました。

本番後は珍しく、本格的に体調を崩してしまい今のお仕事を初めて欠勤してしまったりとなんだかんだありましたが。。

元気に生きてるよっ


さて、今日は来週に迫った素直で素敵で素晴らしい 「素」がつまったイベントのお知らせをしたいと思います。



【風太郎企画最終回「人生は、最高で、最低で、音楽で。」】

●日にち:2/14(火)

●場所:高円寺HIGH

●OPEN18:00/START18:30

●料金:前売/当日-\2.200/\2.500


*LIVE:
みみずくず(林レイナ&曽谷コウヘイ)/とんちピクルス/青山セイウチ/Men⇔Dylovesわるだくみ
*OpeningLive:藤井周
*DJ:NAOKI/YAMAKAWA
*SHOW:アルピーナ/アロム奈美江
*MC:きょうすけ(銀座「High collar」ママ)&椎名竜仁

藤井周が共に歩ませていただいたと言っても過言ではない『風太郎企画』遂に最終回。

想いを全て音に載せ、届けます。

青山セイウチさんとの一夜限りのセッション!!

また、あのアーティストのステージにも参戦!?


※受付にて「藤井周」と言って下されば《前売料金》にて御入場いただけます※




音楽面においても、プライベートでも長らくお世話になっている風太郎さん。

彼のライフワークでもあった冠イベントが34回目にして最終回を迎えます。

僕、藤井周は風太郎さんのイベントに今回で12回目の出演。

どんなに仲が良かろうと、唄が好きであろうと、出過ぎではないか?というご意見もあるかもしれませんが。。

それは、とても嬉しいぶつかり合いで。

「風太郎企画で唄いたい」という僕の想いと

「風太郎企画で唄ってほしい」という彼の想いが

あってこその出演回数なのだと。

僕はそう思います。



活動を長く応援して下さっている方ならば御存知かもしれませんが、僕は一年間唄うことをやめました。

溺れて、膨れて、心も身体も醜くなってしまって

それでも風太郎さんは静かに待っていてくれました。

唄う人なんて吐いて捨てる程、世の中に溢れているのに。。



仲が深まる過程の中で、けして穏やかではない空気の中で議論を交わすこともありました。

お互いの中で疑問が生じ、なかなか解決しないこともありました。

それでも風太郎さんはいつも諦めない。

だから僕も諦めないように居ようと決めました。




想いの丈をつらつらと書いていたらキリが無いのですが、このイベントが風太郎、そして藤井周にとってのケジメであること。

そしてそれは更なる成長や進化に必ず繋がるモノだということ。

これだけは自信を持って皆様に言えます。


その何分、もしかしたら何秒かを皆様の目で直接観ていただきたい、届けたい。

そんな気持ち。



かたっくるしいことばっか言ってますが、風太郎企画独特の「ごった煮」イベント

唄に、DJに、女装に、MCに。

集大成!!

絶対絶対後悔はさせません。

どうぞ、よろしくお願い致します。



ゆくとし くるとし。 ゆくひと さるひと。 ゆくおと なるおと。
あまねからあなたへ2011~2012

いやはや、終わっちゃうね。
2011年。。


あまコレが無事に終わって、感想やら今後の決意表明やら綴らなくちゃ、なんて思いつつ相変わらず目まぐるしい
日々を過ごしていたら。。


あっという間。


いまこれを書いている後ろではリビングのテレビから大音量の紅白歌合戦が。


なんだか振り返らなくちゃいけないこと沢山あって、ぼく頭良くないんで時間がかかるから。


とりあえず、きたる新しい日々を見つめて前を向いて生きていきたいな と思います。


なんにも言わないのも何だかなって思いつつ こうして文字にしてみました。


たくさん泣いて

たくさん笑って

たくさん怒って

たくさんすれ違って

たくさん分かち合って


たくさんが たくさんあった一年でした。


まだまだ渇かない涙 とか まだまだ解き明かせずにいるなぞなぞとか

僕にもあるかもしれないし、あなたにもあるかもしれないけれど。


出逢えて良かったなって。 大好きになれて良かったなって。

何より少し胸を張って生きていられる自分が嬉しくて、少しいとおしい のがね。


泥んこの中から引っ張り出してくれた人

ちゃんと叱ってくれた人

優しい言葉をくれた人

なんにも言わないで見守ってくれた人

ぼくの唄で何かを感じてくれた人


全ての繋がりに


ありがとうと すこしのごめんねと いっぱいいっぱい

ありがとうっ。




                                       2011/12/31 藤井 周


※追記※

あまコレvol.8に関しましては改めて感想を。とにかく御来場いただきました皆様、御出演、スタッフとして携わって下さった皆様、応援して下さっている皆々様に感謝感謝です。

2012年一発目のLIVEは
1/9(月/祝日)@阿佐ヶ谷NEXT SUNDAY 風太郎企画「冬空散歩」です。 きてね。